Tiggit-The Indie Game Installer-tiggit.net

今でも思い出す私の初体験。その相手は小学生時代に出会った友達の母親だった。

私が熟女好きになったキッカケ

色気たっぷりの美熟女

あれは私が小学5年のときだったと思う。その当時仲が良かった友達の家に
毎日のように遊びに行っていた。とある日に遊びに行くと
友達はどこかに出掛けていて一時間ほど家で待ってくれと言われた。
リビングに通され友達の母親にお菓子とジュースを出してもらった。
友達の母親は当時30後半くらいだったと思うが色気たっぷりで
今でいうAV女優の川上ゆうにそっくりの熟女だった。
そんなお母さんを見ていると股間が熱くなり妙な興奮を覚えた。
隣のソファに座るお母さんにバレないようにこっそり股間を触っていると
「どうしたの?おおきくなってるわよ」と言われ赤くなってしまった。
てっきり怒られると思っていたのだが、クスクスと笑われ
「おばさんの胸触ってみる?」と言われ素直に触らせてもらった。

はじめて触るおっぱいの感触に感動してさらに興奮する私。
5分ほど揉み続けているとお母さんが服を脱ぎキスをしてきた。
お互いの舌を絡ませるディープキスをしながらお母さんの股間に手を伸ばすと
ジットリと濡れていて夢中で舐め回した。
その後友母は私を仰向けに寝かし私の小さなチンポを舐め回す。
そしてヨダレでびっしょり濡れたチンポにゆっくりと跨がる。
友母の穴に私のチンポが入っていくのが分かった。
始めてで緊張して何が何だが分からず
なかなか射精することができなかったが20分ほどで射精することが出来た。
これが私の童貞喪失の日だった。それ以来友達が留守の隙に
家に遊びに行きセックスをするようになった。
その関係は私が中学、高校時代になっても続いていった。